ビリヤード世界選手動画をピックアップ!

世界で活躍するプレイヤーのテクニック

 ビリヤード世界選手権などの動画集です。

世界で活躍しているプロプレイヤーの素晴らしいテクニック、正確なプレイをピックアップしています。
  世界の舞台でも引けを取らない日本人プレイヤーも挙げています。

2011年 赤狩山幸男選手の決勝

 ドーハで行われた9-Ball 世界選手権の決勝。赤狩山幸男選手と2006年王者のロニー・アルカノ選手。

 結局13−11での赤狩山幸男選手優勝だったのですが、それまでの経過が手に汗握る内容でした。途中、11−11でアルカノ選手に追いつかれたときは「駄目かも」と思ってしまった弱気な私です。。

 その後、アルカノ選手の2番ボールがポケットに嫌われてからの映像です。

 最後の9番ボールを決めた後に、赤狩山幸男選手がイスに座って天を仰ぎますが、それまでの激戦を感じさせる感動のシーンです。

2006年 ロニー・アルカノvsラルフ・スーケー 決勝

 2011年に惜しくも準優勝のアルカノ選手が優勝した年、2006年の決勝です。

 アルカノ選手の相手は、1996年の優勝者スーケー選手。
世界の大舞台では、優勝経験者が決勝で負けるということが、なぜか多いんですよね。これも、プレッシャーの悪戯なんでしょうか。

 それにしても、アルカノ選手はフィリピン出身。そして、フィリピンは、ビリヤードのとても盛んな国なんです。世界トップクラスの選手を数多く排出している国の中でも、それほど目立った選手ではありませんでした。

 この対戦はブレイクがポイントになりました。強豪スーケー選手のブレイク後が幾度も不幸な配置に。
 それに対して、アルカノ選手のソフトブレイク戦法。ブレイク後の的球配置は、どんな凄腕のプレイヤーであっても、的球すべてを思い通りに操作することは不可能です。

 ナインボールのゲーム性が為せる物語といった印象です。

 それにしても、15−9時のアルカノ選手ラスト9番ボールのケアレスミスで、形勢は一気に変わるかと思われましたが、さすが世界トップクラス。次ゲーム4番ボールの妙技には、精神力の強さに観ていて身震いしてしまいました。

ビリヤード世界チャンピオンのテクニックのすべて習得マニュアル
9ボール世界チャンピオンの日本を代表する2大プロプレイヤー直伝テクニック!