ビリヤードの基本上達法

上達するための基本練習法

・手球をヘッドライン上に置きます。(どこでもよい)

・手球からフットレール側のポケットに向かって1直線上になる場所に的球を1つ置き、真っ直ぐに狙って撞きます。(フットラインと交わる辺りに的球を置く)

・この手球と的球の位置を決めて、何度も繰り返します。

ビリヤード練習法

 この練習は、手球の中心を撞き、真っ直ぐに狙う練習です。
 ビリヤードにおいて、自分の基本フォームを作り、真っ直ぐに安定して撞くことは最も重要な技術です。
 真っ直ぐに撞くことが出来るとそれが基準となり、手球に回転を掛ける動きが分かってくるものです。

 以下のような練習も同じ事が言えます。

ビリヤード上達法

・手球をヘッドスポットに置き、フットスポットを狙って撞きます。(的球は使いません)

・ロングライン上に沿って短クッションに当たり、手球がそのままロングライン上を真っ直ぐ戻ってくるようにします。

 この練習法も、手球に左右の回転が掛かっていると、クッションから跳ね返った際にロングライン上から外れてしまいます。手球の上下回転であれば真っ直ぐ戻ってきますが、出来るだけ手球の中心を撞くように心掛けます。

手球を突く位置

 図の黒点がタップ(キューの先)の当たる面だとして、手球のど真ん中を捉えるようにしましょう。

 どうしても的球が真っ直ぐ行かなかったり、手球が戻って来ない場合、中心より少し下を撞いてみましょう。上手くいくようになります。
しかし、これは練習なので出来るだけ真ん中を狙います。

 これらの練習を恥ずかしがったりしないでください。
こういった基本的な練習は、どんなに有名になった凄い人でも毎日の日課のように行っていたりします。

 ビリヤードは基本があっての競技なんです。

ビリヤード世界チャンピオンのテクニックのすべて習得マニュアル
9ボール世界チャンピオンの日本を代表する2大プロプレイヤー直伝テクニック!