ビリヤードの基本知識と応用

角度のある的球を制する

 ビリヤードのゲーム中、真っ直ぐに狙える的球は偶然にはほとんどありません。

 ここでは、角度の付いた的球を落とす原理を説明します。

イメージボール

イメージボール

 図のように赤い的球を狙う際、的球のすぐ後ろに、ポケットに向かって真っ直ぐな接した球をイメージします(イメージボール)。
 そのイメージボールに手球がピッタリと重なるように手球を撞けば良いのです。

 この時、手球には回転を掛けてはいけません。手球の中心を捉えましょう。

 このように、特に難しい計算をしている訳ではありません。要は、どれだけ正確に手球を撞けるかということに尽きます。

手球に回転をつける応用編

手球の突く場所

 この応用編は、手球を真っ直ぐ撞けること、イメージボールをしっかり吸収した上で、使う事がよいでしょう。

 手球の中心より下を撞くとバック回転、上を撞くとドライブ回転です。

 必要以上に下過ぎたり、上過ぎたりすると手球がミスジャンプしたり、ファールを取られます。
 図のように、中心よりタップ半分〜1つ分程度ズラして撞く程度でも十分に回転が掛かります。

スピンショット

 青の的球をサイドポケットに狙ってイメージボール通りにショットした時、手球に回転が掛かっていない時は赤いラインを通ってポケットに飲み込まれます。

 バック回転が掛かっている場合、青いラインを通ってより広がって行きます。
バック回転では、的球を真っ直ぐに動かそうという力が掛かります。
 ポケットまで真っ直ぐな的球を狙う際、少しバック回転を掛けるとポケットに入りやすくなります。

 ドライブ回転の時は、黄色いラインを通ってより角度を付けていきます。
ドライブ回転は、的球をより角度を大きく曲げようと力が働きます。
 厚み(手球を的球に当てる時の狙う面積)の少ない角度の急な的球を狙う際、ドライブ回転を掛けるとより角度が付きやすくなります。

ビリヤード世界チャンピオンのテクニックのすべて習得マニュアル
9ボール世界チャンピオンの日本を代表する2大プロプレイヤー直伝テクニック!