クッションシステム

クッションを介したショット

 プロのプレイヤーがクッションを使って、いとも簡単そうに的球をポケットしていきますが、このバンクショットにはちょっとした理論があります。
 クッションシステムとかバンクシステムなどと呼ばれている、クッションを用いたテクニックです。

ビリヤードの知識

 上図のような配置があります。

 Aのポケットに1番の的球を狙いたいのですが、8番の的球がポケットを塞いでいます。ナインボールなら1番で8番を押し込むのも良しですが、エイトボールでは、負けてしまいます。

 そこで、Bのポケットに狙います。このようなときは、クッションシステムを使いましょう。

 クッションシステムとは、クッションを使って手球、的球をコントロールする技術です。

クッションシステム

ビリヤードのクッションシステム

 青い数字10〜70と黒い数字4〜60までがあります。的球の場所が、青い数字と黒い数字の同数が結ぶ線を探します。

 すると、12辺りで的球1番がライン上になります。
(青い数字に12は書いてませんが、10と20の間を10等分して12を読みます)

 的球1番がこのラインに沿って走るように手球で狙います。上図の場合は、手球もライン上にあるので、そのまま真っ直ぐ狙います。手球がライン上に無くても、イメージボールをライン上に浮かべながら的球を狙います。(下図)

ビリヤード上達法

 手球には、回転を掛けず、少し強めに中心を撞きます。

 クッションシステムは、クッションを使うため、手球・的球の強弱、球の回転に敏感に反応します。そのため、手球と的球の厚みがラインからみて極端にない場合などは、正確さに欠けます。手球の強弱についても、何度も練習して一定の自分の感覚を覚えるより他にありません。
 空クッションも、この方法で正確に狙うことが可能になります。

ビリヤード世界チャンピオンのテクニックのすべて習得マニュアル
9ボール世界チャンピオンの日本を代表する2大プロプレイヤー直伝テクニック!
MENU
ビリヤード上達法

 高度なビリヤードの技術を身に付けたい方へ、世界を制したプロが教える話題のテクニック上達法!↓↓↓
奥村健のビリヤード上達法

ビリヤードコラム